株式会社DSCの新聞折込が有用


新聞広告は若干、落ち目と言えるかもしれません。
前年度比は99%であまり変化はないように見えますが、
新聞を購入しない世代は少しずつ増えてきているみたいです。
背景として、新聞以外から情報を入手しやすくなったと言えます。

テレビやラジオは昔からありましたが、
今ではインターネットから情報を簡単に調べることができます。
ヤフーなどのサイトでしたら、
トップページにてニュース情報が配信されていますので、
わざわざ有料の新聞紙を買うまでもないと思っている方は
多いのかもしれません。
ちなみに、この新聞広告の数値は電子版を含む数値ですので、
紙媒体のものはもっと低い数値になるかもしれません。

電子版になく、紙媒体にあるものとして新聞折込があります。
まだまだ新聞紙を購読する世帯はありますので、
新聞折込は有用な広告媒体と言えます。
そして、株式会社DSCも新聞折込を手法として士業の事務所を宣伝します。
新聞の需要が少なくなっていると言われていますが、
逆に、新聞を読む世代の方が士業を利用する傾向が強いと言えるかもしれません。
20代以下はあまり弁護士に頼る機会は少ないと言えるかもしれませんね。

どのような時に弁護士を頼るかは、これまたケースバイケースです。
相続や遺言は孫がいる世代が利用します。
交通事故の相談ですが、そもそも車を保有しない若い世代には無用かもしれません。
会社設立に関しても、若者よりも年配の方が多いかもしれませんね。

新聞折込のみに広告を集中させても、十分な集客が見込めるかもしれませんね。
もちろん、株式会社DSCが取り扱う他の広告手法が不要ということではありませんが、
新聞折込は弁護士事務所を紹介する媒体として非常に有用だと思います。
インターネット全盛の時代ですが、人によっては全くインターネットを見ない方もいます。
株式会社DSCの新聞折込はエリアごとに配りますので、
全エリアを対象とするインターネットよりも集客しやすいかもしれませんね。
また、新聞社の選定から株式会社DSCが行ってくれますので、
非常に高い費用対効果が見込めると思いますよ。